労働関連NEWS

  • 非正規働く事業所増加 人手不足が背景、厚労省

     厚生労働省が12日発表した就業形態の多様化に関する調査によると、2019年10月時点で、派遣など正社員以外の労働者がいる事業所は84・1%で、前回調査よりも4・0ポイント増えた。人手不足で高齢者の再雇用やパート労働者が増えたことが背景にあるとみられる。  新型コロナウイルス感染拡大で雇用情勢が悪...

  • 雇調金特例6月まで維持 経営難と感染拡大地域配慮 一律適用は4月末

     政府は12日、新型コロナウイルスの影響で経営が厳しい企業と感染が拡大している地域の飲食業などを対象に、雇用調整助成金の特例水準を6月末まで維持する方針を決めた。現行の特例水準を一律適用するのは4月末までとし、5月以降は感染拡大や企業経営の状況で差をつける。  雇用調整助成金は休業手当の一部を国が...

  • 残業代リーマン以来大幅減 コロナ禍20年マイナス12% 勤労統計、娯楽業や飲食
  • 休業支援、昨秋以降を検討 大企業非正規の対象期間
  • 派遣労働待遇決定・約9割が労使協定方式 5割で退職金前払い――厚労省
  • 違法な労働者供給・22人を受け入れて雇用 派遣元に停止命令――東京労働局
  • 過労死・取締役に賠償命令 重過失ありと認定――東京高裁
  • 災害時の対応計画怠り送検 搬送遅れ障害残る――上田労基署
  • 全額助成の要件緩和 雇調金、厚労省
  • 大企業非正規への拡充発表 休業支援、バイトも対象 在籍出向向け助成金開始