季刊労働法253号(2016/夏季)

253_hp
特集:学生の就労をめぐる法的課題

●学生ユニオンが相次いで発足し、「ワークルール教育でブラックバイト、ブラック企業を防ぐ」、「保護が必要な層ほど、労働法の知識に欠ける」などといわれています。今号では「学生の就労をめぐる法的課題」という特集を掲載します。「ブラックバイトの実態」、「学生の在学中の就労における法的課題」、「使用者側から見た学生と就労をめぐる問題点」、「採用内定、オワハラの段階における問題点」といった論文を掲載しています。
●第2特集では、全員参加社会が唱えられる中、課題として挙げられている以下の論点に言及します。マタハラ防止に向けた課題は何か、介護離職防止に必要な視点とは、改正育児介護休業法、女性活躍推進法どう評価するか、こうした疑問にこたえていきます。

価格 2,376円(税込) 数量

※送料が200円かかります。年間購読または、4,000円以上まとめてご購入の場合は送料がサービスになります。

学生の就労をめぐる法的課題

ブラックバイトはなぜ辞められないのか?

―ブラックバイトユニオンの実践を通じた考察

ブラックバイトユニオン共同代表 渡辺寛人

 

大学生の在学中の就労における法的課題

熊本大学法科大学院教授 紺屋博昭

就職活動段階における労働問題

弁護士 佐々木 亮

 

労働者に対する労働法教育の限界とそれへの対応

―使用者側の視点から

弁護士 和田一郎

 

学生の就労をめぐる労働行政の役割

ILO駐日代表 田口晶子

 

『ブラックバイト対処マニュアル』を監修して

早稲田大学教授 石田 眞 早稲田大学教授 竹内 寿

 

第2特集 実効性ある均等政策に向けて

改正育児介護休業法の評価と課題

―介護休業制度を中心に

北海道教育大学教授 菅野淑子

 

在宅介護の長期化と介護離職

~労働時間管理と健康管理の視点から~

労働政策研究・研修機構主任研究員 池田心豪

 

マタハラ問題が投げかける本質的問題提起

~「ダイバーシティ」のあるべき姿と課題~

弁護士 圷 由美子

 

女性活躍推進法の意義および課題

日本女子大学非常勤講師・弁護士 黒岩容子

 

■労働法の立法学 第43回■

炭鉱労働の法政策

労働政策研究・研修機構主席統括研究員 濱口桂一郎
 

■文献研究労働法学 第19回■

中国労働法文献研究

大阪経済法科大学准教授 オランゲレル

 

■アジアの労働法と労働問題 第25回■

カンボジアの労使関係と労働法の動向

日本ILO協議会企画委員/国際労働財団アドバイザー 熊谷謙一

 

■論説■

近時の法改正と労働者の個人情報の取扱い

―改正個人情報保護法・マイナンバー法・ストレスチェック制度

立教大学大学院講師 砂押以久子

 

■研究論文■

会社法429条と取締役の労働法遵守体制構築義務

~ A式国語教育研究所代表取締役事件~

首都大学東京准教授 天野晋介

 

■判例研究■

有期雇用が反復継続したなかでの更新上限の設定と雇止め

シャノアール事件(東京地判平成27年7月31日労判1121号5頁)

静岡大学准教授 本庄淳志

 

建設労働における下請労働者に対する安全配慮義務

環境施設ほか事件(福岡地判平成26年12月25日労判1111号5頁)を契機として

弁護士 加藤正佳

 

■キャリア法学への誘い 第5回■

最新の立法から

法政大学名誉教授 諏訪康雄

 

●重要労働判例解説

大学教員(入試委員長)に対する入試ミスを理由とする懲戒処分の有効性判断

甲学園事件・札幌高判平27・10・2労経速2262号16頁

淑徳大学助教 日野勝吾

 

育児短時間勤務制度利用者に対する昇給抑制の違法性

社会福祉法人全国重症心身障害児(者)を守る会事件・東京地判平27・10・2判例集未掲載LEX/DB文献番号25541445

武蔵大学非常勤講師 小山敬晴

価格 2,376円(税込) 数量

※送料が200円かかります。年間購読または、4,000円以上まとめてご購入の場合は送料がサービスになります。

一覧に戻る