前年獲得額超す賃上げへ  経営者目線で迫る UAゼンセン・19春闘方針

 UAゼンセン(松浦昭彦会長)は1月30日、大阪で開いた第7回中央委員会でおよそ2%の賃上げ実現に向けた19春闘方針を決定した。松浦会長は「中小の賃上げを重視する」と述べ、前年以上の獲得にこだわる考えを強調した。人材流出の防止と採用競争力強化の観点から必要だと経営者目線で迫るよう促す方針。

 

提供:労働新聞社

(2019年2月12日 更新)

 

一覧に戻る