開催一覧に戻る

オンデマンド配信

オンデマンド配信期間:2024年07月24日~2024年09月02日

第2937回「労働者側からみたハラスメントの現状」

―労側視点で考える職場のパワハラ防止に求められる企業対応ー

(適切な注意指導か正当な人事権行使かハラスメントか、職場のパワハラトラブルの現状から考える人事や経営者に求められる対応とは)
 
 
 職場のパワーハラスメントが社会問題化し、令和4年にはパワーハラスメントの防止措置がすべての事業主に義務化されました。厚生労働省は本年5月に「令和5年度職場のハラスメントに関する実態調査」の結果を公表しましたが、過去3年間において企業が対応したパワハラ相談に減少は見られず、また企業の取り組み上の課題としては依然として「ハラスメントかどうかの判断の難しさ」が最も多いという状況です。
 社会全般に職場のパワハラ防止は重要課題であると認識され、多くの企業が働きやすい職場を目指して取り組みを続けていますが、職場のパワハラ問題はなぜ起きてしまうのでしょうか。
 本例会では、労働者側弁護士として多くの事件を担当している佐々木弁護士を講師にお招きし、職場のパワハラ防止に求められる企業対応について労働者側視点からお話しいただきます。職場のハラスメントをめぐる労働事件やパワハラに関する労働者から相談等の現状からみえる企業側の問題、パワハラが起きやすい職場や人間関係の特徴、注意指導や人事権行使をめぐる労使の争いはなぜ起きるのかなど、豊富な事例に精通する佐々木先生に幅広くお話しいただき、企業の今後の対応に生かす機会にしたいと考えます。
 企業や労働組合のご担当者をはじめご関心ある皆様はぜひこの機会にご受講ください。

【取り上げるポイント】
労働者側からみた職場のパワハラの現状と企業側の問題、今後求められる企業対応 ほか
(当日までの状況により内容は多少の変更の可能性もあります。あらかじめご了承ください)

※会場&配信にて開催!
会場へのご参加も可能です。講師に直接ご質問できますのでぜひお越しください
 
 

★ただいまオンデマンド配信へのお申込みを受付しております。(※ライブ開催は終了いたしました)
※2024年07月11日(木)14:00~16:00に開催した回の録画映像の視聴となります。

_________________________________________
◆オンデマンド配信は、開催日の以後に配信する講演の録画映像を視聴して受講いただく形式です

・配信期間中ならいつでも・ご都合の良いタイミングで受講できますのでおすすめです。
・オンデマンド配信の期間は07月24日から09月02日までとなります。
・オンデマンド受講へのお申込みは上記配信期間中 受付しております。
※受講申込の受付は09月02日17時にて締め切らせていただきますので何卒ご了承ください。お早めのお申込み、ご受講をお願いいたします。

・オンデマンド配信へのお申込者には、07月24日以降に(配信期間中にお申込みいただいた場合にはお申込みの受付後に)順次※視聴方法のご案内をメールでお送りします。
※参加費有料のお客様につきましては、参加費のご入金を弊社にて確認後に視聴可能となりますので、何卒ご了承ください。

_________________________________________
ご利用に際して
※有線、Wi-Fi環境など、電波状況の良いところで視聴してください。通信環境が悪い場合、接続が不安定になったり、視聴できない場合があります。
※映像の録画・録音、映像および配布資料の複製・加工および頒布など、あらゆる二次利用を禁止します。

LIVE配信・オンデマンド配信について


講師紹介

佐々木 亮

旬報法律事務所 弁護士

 
_________________________________________
 
東京都立大学法学部法律学科卒業
2003年弁護士登録
旬報法律事務所所属
労働者側の立場で労働問題に関わる

日本労働弁護団 幹事長(2022.11~)
ブラック企業被害対策弁護団 顧問

担当した主な事件に
太陽自動車(太陽自動車労組)事件、日本システム開発研究所事件、富士ゼロックス事件、日本郵便(東京)事件 ほか

近著に「武器としての労働法」(KADOKAWA・2021年)ほか
また法律監修に「働きはじめる前に知っておきたい ワークルールの超きほん」(旬報社2024年)、「20代からの働き方とお金のこと」(祥伝社2023年) ほか
 
 

開催概要

会  期 配信期間:07月24日から09月02日まで

(2024年07月11日(木)14:00~16:00に開催した回の録画映像の配信となります)

※ただいまオンデマンド配信へのお申込みを受付しております

会  場 受講方法:オンデマンド配信(録画映像の視聴)

参加費 ★労働法学研究会員様は無料です(会場受講・ライブ配信受講・オンデマンド配信受講のいずれも無料)
 ※法人会員様および労働組合会員様は5名様まで無料です

★非会員様はお一人様14,300円(税抜13,000円)となります
 ※いずれかの受講方法・1名様あたりの料金です
 ※参加費のご入金を弊社にて確認後に受講(視聴)可能となりますので、何卒ご了承ください。

注  意 ・お申込みおよびご利用にはマスターIDが必要です。

・配信サービス等のご利用にも必要となりますので、弊社を初めて利用されるお客様やマスターIDを未登録のお客様はお申込みの際にご登録をお願いいたします。
(ご登録は無料です。以後のご利用にもご登録済みのマスターIDをご使用ください。)

※労働法学研究会員様はすでにご登録済みのマスターIDをお持ちです。
・お申込みの際に労働法学研究会員様としてご登録済みのものとは別のIDを使用されますと、非会員様のお申込みとなり、参加費無料や参加費割引の会員サービスが適用されませんのでご注意ください。
労働法学研究会員とは
 
ご不明点等はお手数ですがメールにてお問い合わせください。
こちら
 


  • 諸般の事情により開催を中止または変更させていただく場合がございますので、予めご了承下さい。
  • お申込みの際、ご提供いただく個人情報は厳重に管理し、ご同意なしに第三者に開示、提供いたしません。また、セミナー等のご案内や連絡、訪問等の営業活動に際して利用させていただきます。
  • お申込みは先着順に受付いたします。受付後はお客様のメールアドレスに折り返し受付確認メールが自動送信されますのでご確認ください。
  • ライブ配信/オンデマンド配信の受講方法に関する詳細は、(受付確認メールとは別に)後日、担当者よりメールにてご案内いたします。詳細は上記をご覧ください。(迷惑メールフォルダも含め受信メールの確認をお願いいたします)。
  • 参加費の払い戻しは原則としていたしません。ご都合の悪くなった方は代理参加をお願いします。
  • 講演の録画・録音・撮影、映像・音声および配布資料の複製・加工および頒布など、あらゆる二次利用を禁止いたします。

開催一覧に戻る