開催一覧に戻る

LIVE配信 オンデマンド配信

オンデマンド配信期間:2022年09月12日~2022年10月12日

職場の精神障害をめぐる問題への対応と企業に求められる対策

ー事業主や担当者が知っておきたい「精神障害の労災に関する知識」と労災認定の仕組みをふまえた「企業に求められる具体的対策」ー

 
 近年は仕事によるストレス等を原因とする精神障害の労災が増加しています。本年6月に厚生労働省が公表した令和3年度の「過労死等の労災補償状況」では、仕事が原因でうつ病などの精神障害を患い労災と認定された件数は前年度比21件増の629件で、1983年度の統計開始以来3年連続で過去最多を更新しています。
 企業には従業員の長時間労働の防止や職場のメンタルヘルス対策などの配慮が求められ、多くの職場ではすでに対策がとられていると思いますが、一方で精神に関する疾病はさまざまな要因で発病し、どのような場合に業務上のもの(仕事が原因の疾病である)と認められるのかなど、難しい面も多くあります。
 そこで本セミナーでは、労働基準監督署労災課長や労働局労災補償監察官を歴任され、脳・心臓疾患や精神事案など多くの労災認定や給付業務に従事されていた高橋先生を講師にお招きし、事業主や担当者が知っておきたい「精神障害の労災に関する知識」と労災認定の仕組みをふまえた「企業に求められる具体的対策」について分かりやすく解説していただきます。
 労災認定基準や認定の仕組みを理解して企業として対策することは、職場における問題の解決や予防につながります。企業の人事労務担当者や労働組合のご担当者をはじめご関心ある皆様は、この機会にぜひご参加ください。
 
 

★受講方法は「LIVE配信」または「オンデマンド配信」からいずれかをお選びください。

_________________________________________
◆LIVE配信での受講は、開催日時に行うオンライン配信(※)をリアルタイムで視聴していただく形式です。
※事前質問の受付や、当日の講演中に質疑応答を行う予定ですので、質問を希望される方はライブ配信への参加をおすすめいたします。
・LIVE配信へのお申込者には、開催日の前日までに、視聴方法のご案内をメールでお送りします。
(LIVE配信での受講を希望されるお客様は、開催日の前日までにお申込みをお願いいたします。)

※オンライン配信はzoomウェビナーを利用して行います。ブラウザからの参加も可能ですが、アプリケーションのインストールをお勧めいたします。
▽インストールはこちら
https://zoom.us/download#client_4meeting
▽Zoomの画面・音声のテストはこちら
https://zoom.us/test

_________________________________________
◆オンデマンド配信は、開催日の以後に配信する講演の録画映像を視聴して受講いただく形式です。
・配信期間中ならいつでも・ご都合の良いタイミングで受講できますのでおすすめです。

※オンデマンド配信の期間は9月12日から10月12日までを予定しております。
※オンデマンド配信へのお申込者には、9月12日以降に(配信期間中にお申込いただいた場合にはお申込みの受付後に順次)視聴方法のご案内をメールでお送りします。

_________________________________________
ご利用に際して
※有線、Wi-Fi環境など、電波状況の良いところで視聴してください。通信環境が悪い場合、接続が不安定になったり、視聴できない場合があります。
※映像の録画・録音、映像および配布資料の複製・加工および頒布など、あらゆる二次利用を禁止します。

LIVE配信・オンデマンド配信について

講師紹介

高橋 健

元厚生労働事務官/特定社会保険労務士/たかはし社会保険労務士事務所代表

 

昭和48年労働省(現厚生労働省)入省。
厚生労働事務官として、労働省本省、都道府県労働局、労働基準監督署に勤務。労働基準監督署労災課長、労働局労災補償監察官を歴任して平成21年退官。
脳・心臓疾患、精神事案などを始めとする数多くの労災認定、給付業務などに従事。
平成23年4月に社会保険労務士事務所を開設し、労働保険、特に労災保険に精通した社会保険労務士として活動中。

著書:「改訂版 職場のうつと労災認定の仕組み」「改訂版 労災保険実務講座」「労災保険実務標準ハンドブック」「労災保険の審査請求事例と解説」(すべて日本法令)、「労災認定の考え方と申請のポイント」(労働新聞社)
 
 

開催内容

1.精神障害の労災認定基準とは

・「心理的負荷による精神障害の認定基準」の内容
・業務が原因と認定されるかどうかの評価方法
・業務による心理的負荷評価表の注意すべき項目(時間外労働時間に係る記載、ハラスメントに関する記載) など

 

2.労災の請求と対応に関する実務

・労災認定申請が行われた際の対応と留意点
・労働基準監督署による調査の実際(調査対象者・調査項目)と対応
・労災としての認定・不認定とその後
・労災認定事例および不認定事例(労働者の労働時間に関する事例) など

 

3.企業に求められる具体的対策

・リスク管理の重要性と企業がとるべき対策
・法改正等の動向
・これからの労務管理における留意点 など

 

4.まとめ、質疑応答

※ライブ配信当日は質疑応答の実施を予定しております

 
(上記の項目等は当日までの状況により変更となる可能性もありますので予めご了承ください。)
 
 

開催概要

会  期 2022年8月26日(金)14:00~16:00
※上記日時でLIVE配信をいたします。オンライン接続は13:55頃から開始予定です。
※当日の録画を視聴いただくオンデマンド配信の期間は9月12日から10月12日までの予定です。
お申込みの際は上記にて詳細のご確認をお願いいたします。

会  場 受講方法:「LIVE配信」または「オンデマンド配信」からいずれかをお選びください

参加費 ★労働法学研究会員様/8,800円(税抜8,000円)

★一般(非会員)様/13,200円(税抜12,000円)

(1名様あたりの料金です)

注  意 お申込みおよびご利用にはマスターIDが必要です。

配信サービス等のご利用にも必要となりますので、弊社を初めて利用されるお客様はお申込みの際にご登録をお願いいたします。
(マスターIDのご登録は無料です。以後のご利用にもご登録済みのマスターIDをご使用ください。)

※労働法学研究会員様はすでにご登録済みのマスターIDをお持ちです。
お申込みの際にご登録済みのものとは別のIDを使用されますと非会員様のお申込みとなり、参加費無料や参加費割引の会員サービスが適用されませんのでご注意ください。
労働法学研究会員とは
 
ご不明点等はお手数ですがメールにてお問い合わせください。
こちら
 


  • 諸般の事情により開催を中止または変更させていただく場合がございますので、予めご了承下さい。
  • お申し込みの際、ご提供いただく個人情報は厳重に管理し、ご同意なしに第三者に開示、提供いたしません。また、セミナー等のご案内や連絡、訪問等の営業活動に際して利用させていただきます。
  • お申込は先着順に受付いたします。受付後はお客様のメールアドレスに折り返し受付確認メールが自動送信されますのでご確認ください。
  • ライブ配信/オンデマンド配信の受講方法に関する詳細は、(受付確認メールとは別に)後日、担当者よりメールにてご案内いたします。詳細は上記をご覧ください。(迷惑メールフォルダも含め受信メールの確認をお願いいたします)
  • 参加費の払い戻しは原則としていたしません。ご都合の悪くなった方は代理参加をお願いします。
  • 講演の録画、録音、配布資料の複製・頒布は禁止させていただきます。

開催一覧に戻る