労働法学研究会報 第2691号(2019年4月15日号)

2691_hp

内容を全て見る※会員限定

※DLは「労働法学研究会」
会員限定サービスです。
専用ID/PWが必要です。

■最新労働法解説

日本郵便労契法20条事件 東京高裁判決と大阪高裁判決の評価

―原告ら代理人の立場から―

弁護士:棗 一郎

  1. 1・不合理性の立証責任
  2. 2・一部の手当は認めるが、基本給と賞与は認めない
  3. 3・「その他の事情」の範囲

 

 

連載1 よくわかる!労働判例ポイント解説

転籍該当性の判断と転勤命令における労働者の同意
国立循環器病研究センター事件 長谷川聡

連載2 現代組織の人間関係 職場のさざなみ

予見可能性と予防対策 金子雅臣

連載3 「事例」で考える労働法

改正安衛法による産業医・産業保健機能の強化について 北岡大介

連載4 東京の労働事情取材記

30歳、遠い安定 増田明利

紹介『セクハラ・サバイバル――わたしは一人じゃなかった

一覧に戻る