労働法学研究会報 第2683号(2018年12月15日号)

2683_hp

内容を全て見る※会員限定

※DLは「労働法学研究会」
会員限定サービスです。
専用ID/PWが必要です。

■最新労働法解説

AIの人事労務分野での活用と労働法における法的問題

―AIの利活用を含むHRテクノロジーのこれからと労働法分野の各問題―

弁護士:倉重公太朗

  1. 1・HRテクノロジーとは
  2. 2・配置とテクノロジー
  3. 3・HRテクノロジーと復職可否判定

 

 

連載1 よくわかる!労働判例ポイント解説

産休及び育休取得後の女性労働者の解雇の有効性
シュプリンガー・ジャパン事件 井川志郎

連載2 現代組織の人間関係 職場のさざなみ

セクハラと業界事情 金子雅臣

連載3 「事例」で考える労働法

セクハラと業界事情 北岡大介

連載4 東京の労働事情取材記

日給7800円の芸術家 増田明利

紹介『うつ病九段

一覧に戻る