労働法学研究会報 第2681号(2018年11月15日号)

2681_hp

内容を全て見る※会員限定

※DLは「労働法学研究会」
会員限定サービスです。
専用ID/PWが必要です。

■最新労働法解説

今、問われている労働組合の存在意義

―働き方改革など激動の時代に労働組合がなすべきこととは―

弁護士:宮里邦雄

  1. 1・ディーセント・ワークと労働組合
  2. 2・社会的役割、社会的発言力、政策形成への影響力の減退
  3. 3・労働組合とコンプライアンス

 

 

連載1 よくわかる!労働判例ポイント解説

日雇労働者による紹介元・紹介先に対する損害賠償請求
凸版物流・フルキャスト事件 松井良和

連載2 現代組織の人間関係 職場のさざなみ

“男女差別”か“合理的差別”か 金子雅臣

連載3 「事例」で考える労働法

労働時間設定等改善法改正と勤務間インターバル 北岡大介

連載4 新連載 労働者の社外活動の自由

社外活動規制の動向 新崎盛吾

連載5 春夫と秋子の労働問答

スポーツ界のパワハラ騒動 直井春夫

紹介『沖縄県産品の労働法』

一覧に戻る