季刊労働法47号(1963/春季)

qll_047
特集: 

価格 2,376円(税込) 数量

※送料が200円かかります。年間購読または、4,000円以上まとめてご購入の場合は送料がサービスになります。

目次

■巻頭言

ILO条約87号の批准に伴う法改正によせて

名古屋大学教授 三宅 正男

 

賃金遡及払と中間収入控除

立命館大学教授 浅井 清信

 

スキャッブ論

その違法性の体系的考察序論

明治大学助教授 宮島 尚史

 

労働基準法上の賃金

賃金判例に関する若干の覚書

大阪社会事業短期大学助教授 窪田 隼人

 

日本の賃金水準の国際比較

労働科学研究所経済学研究室主任 藤本 武

 

安定賃金の意義と問題点

法政大学助教授 高木 督夫

 

■判例研究

共稼ぎ夫婦の一方に対する転勤命令

呉羽紡績事件、大阪地裁、昭37・8・10判

大阪市立大学教授 本多 淳亮

 

団結権・団交権の保障と公労法4条3項

違法な団交拒否と建造物侵入罪の成否

全逓盛岡郵便局事件、盛岡地裁、昭37・10・22判

静岡大学教授 熊倉 武

 

統一交渉拒否と不当労働行為

全国自動車労組埼玉地本事件、埼玉地労委、昭37・6・28命令

熊本大学教授 荒木 誠之

 

■用語解説

労働戦線統一

時事通信 清水

 

民青同

時事通信 清水

 

■座談会

”政策転換闘争”を聞く

炭労顧問 原 茂

森永 栄悦

東大講師 藤田 若雄

 

イギリスの合同労組の団体交渉と職場活動

イギリス運輸・一般労働組合の事例報告

金沢大学助教授 佐藤 進

 

■書評

藤田若雄著「労働組合の組織と運動」

明治大学教授 松岡 三郎

 

小池和男著「日本の賃金交渉」

一ツ橋大学助教授 梅村 又次

 

■文献紹介

生活時間と余暇問題

北海道大学助教授 関谷 耕一

 

■労働判例ダイジェスト

一齋休暇闘争と地公法61条4号

都教組休暇闘争事件

 

休憩時間中の組合活動(車輌デモ参加)・始末書不提出を理由とする解雇の効力

ヤマト交通事件

 

就業規則の周知義務と効力発生の時期

平中鉄工所事件

 

学歴訴称を理由とする懲戒解雇の効力

神戸製鋼所控訴事件

 

無断欠勤等を理由とする民青員の解雇の効力

大平設備機械事件

 

勤務時間中の組合文書作成を理由とする懲戒解雇と不当労働行為

浜本工芸事件

 

公労法17条違反の争議行為と刑事責任

国鉄檜山丸控訴事件

 

緊急命令

長沢製作所行政訴訟事件

 

政治ストの違法性・公労法17条違反の争議行為と刑事責任

国労名古屋地本事件

 

契約期間満了と臨時工の解雇の効力

川崎製鉄葺合工場事件

 

不当労働行為とバック・ペイの範囲

駐留軍極東空軍山田部隊上告事件

 

攻撃的ロックアウトと賃金支払義務

小倉綜合補給廠上告事件

 

組合脱退の慫慂・組合員の解雇と不当労働行為

地引農機製作所事件

 

懲戒権の性質・不当労働行為意思と解雇事由との競合・組合脱退を条件とする懲戒解雇の撤回と不当労働行為

正和交通事件

 

配転と不当労働行為

九州産業交通事件

 

スト不参加者に対する就労手当の支給と不当労働行為の成否

九州産業交通事件

 

ロックアウトの違法性と賃金支払義務

札幌中央交通事件

 

共稼ぎ夫婦に別居を生ぜしめる配転命令の効力および不当労働行為の成否

呉羽紡績事件

 

新聞報道と支配介入の成否

文化新聞社再審事件

 

組合員の差別待遇・組合大会開催を理由とする副委員長の解雇と不当労働行為の成否

下ノ江大塚鉄工所事件

 

勤務成績不良を理由とする組合結成活動家の解雇と不当労働行為

村田鉄作所事件

 

教育公務員の休暇闘争と公共の福祉

佐賀県教組事件

 

納金ストの違法性と横領罪の成否

関西配電熊野配電局差戻控訴事件

 

使用者の言動・会社解散と不当労働行為の成否

武蔵精工事件

 

工場再開に伴う再雇用における差別取扱と不当労働行為

岸野木工事件

 

売上金不足・始末書不提出を理由とする懲戒解雇の効力

水戸駅観光デパート事件

 

争議中旧労組員らによる新労組員、職制の就労妨害等と刑事責任

三井三池鉱業所刑事事件

 

組合事務所に対する施設管理権の限界

全逓仙台郵便局事件

 

いねむり運転事故を理由とする解雇と不当労働行為の成否・当事者適格

中里炭鉱事件

 

社会政策学会第26回大会記事

労働科学研究所 近松

価格 2,376円(税込) 数量

※送料が200円かかります。年間購読または、4,000円以上まとめてご購入の場合は送料がサービスになります。

一覧に戻る