労働判例ジャーナル73号(2018年・4月)

jlc73_hp

■注目判例

タクシー運転手の歩合給における割増賃金制度の適法性

国際自動車(差戻)事件
東京高裁(平成30年2月15日)判決

■ポイント

 本事案は,タクシー会社に勤務する乗務員らが賃金規則に基づく賃金の算定方法がその計算過程で割増金と同額を控除することによって,実質的に割増金の支払を免れていることになるから,労基法37条1項に違反し,あるいはその趣旨を潜脱し,公序良俗に反して無効であるとして,未払い賃金を請求したものである。
 本判決は,差し戻された東京高裁の判決であり,今後,理論的にも実務的にも大きな影響を及ぼすと思われる。

年会費:25,920円(24,000円+税・送料込) ※労働判例ジャーナルは労働法EX+をご契約の方に毎月発行される月刊誌です

目次

◆ タクシー運転手の歩合給における割増賃金制度の適法性

国際自動車(差戻)事件

東京高裁(平成30年2月15日)判決

◆ 公立高校の元教諭の体罰に基づく懲戒免職取消請求

宮崎県・宮崎県教委事件

宮崎地裁(平成29年11月17日)判決

◆  雇用関係不存在確認及び損害賠償等請求

関西スチールテクノ事件

大阪地裁(平成29年11月16日)判決

◆ 元社員に対する競業行為に基づく損害賠償等請求

日本圧着端子製造事件

東京地裁(平成29年11月15日)判決

◆ 女子大教授のセクハラに基づく懲戒解雇無効地位確認等請求

学校法人渡辺学園事件

東京地裁(平成29年10月20日)判決

◆ 固定残業代の定めと未払時間外賃金等支払請求

イクヌーザ事件

東京地裁(平成29年10月16日)判決

◆ 報道乗務員のリムジン会社に対する未払賃金等支払請求

日の丸リムジン事件

東京地裁(平成29年8月18日)判決

◆ 定年退職者らの在籍要件に基づく期末手当不支給の有効性

東日本旅客鉄道事件

東京地裁(平成29年6月29日)判決

◆ 旧社保庁職員らの社保庁廃止に伴う分限免職処分取消等請求

国・社会保険庁ほか事件

東京地裁(平成29年6月29日)判決

◆ 学習塾元講師の解雇無効地位確認等請求

アルファコーポレーション事件

東京地裁(平成29年6月23日)判決

◆ 未払賃金及び解雇予告手当支払等請求

萬作事件

東京地裁(平成29年6月9日)判決

◆ クラブ従業員の解雇無効地位確認等請求

SEEDS事件

東京地裁(平成29年5月25日)判決

◆  新聞店における整理解雇無効地位確認等請求

林崎新聞店事件

東京地裁(平成29年5月24日)判決

◆ タクシー乗務員らの未払賃金等支払請求

東京エムケイ事件

東京地裁(平成29年5月15日)判決

◆ 退職金規定廃止に対する元従業員の同意の成否

アイディーティージャパン事件

東京地裁(平成29年3月28日)判決

◆ パワハラを理由とする安全配慮義務違反の有無

イプソス事件

東京地裁(平成29年3月16日)判決

◆ プロジェクト遅延等を理由とする解雇の有効性

CAEソリューションズ事件

東京地裁(平成29年2月28日)判決

一覧に戻る

年会費:25,920円(24,000円+税・送料込) ※労働判例ジャーナルは労働法EX+をご契約の方に毎月発行される月刊誌です