開催一覧に戻る

研究会

第2819回「労働契約法20条をめぐる判例・裁判例の理論的到達点」【オンライン&オンデマンド対応】

開催日
2019年10月30日(水)15:00-17:00 

ー労契法20条をめぐる最高裁判決の前におさえておきたい論点とその整理ー

 平成25年4月に労働契約法20条(以下、労契法20条)が施行されて以降、学説の整理についてはある程度なされている一方で、同条をめぐる判例・裁判例の包括的な整理については未だなされていない状況です。
 そこで本研究会では、有期契約労働者にかかる無期契約労働者との労働条件の相違が直接争われた事案、そして、労働条件の相違が直接争われているわけではないが、当該事件における争点についての判断にあたり、労契法20条の解釈に言及している判例について、その傾向や理論的到達点を確認し、同一労働同一賃金の法政策との関連も意識しつつ、今後予定されている最高裁判決を前にそのポイントを整理します。
 講師には、労働政策研究・研修機構で労働法の研究をされている山本先生をお招きして、労契法20条施行以降、この間に公表された労契法20条をめぐる判例・裁判例をそのなかで顕れた解釈上の論点ごとに整理し、ご解説いただきます。
 同一労働同一賃金問題の対応策を検討するご担当者の皆様はこの機会にぜひご参加ください。

【ポイント】労契法20条の適用範囲(射程)、その他の事情など不合理性の判断方法とは、不合理性の判断における各種考慮要素の分析 等

・会場での受講のほか、オンライン受講(会場同時中継のライブ配信を視聴して受講)又はオンデマンド受講(開催日の翌営業日以降に配信する録画映像を視聴して受講。視聴期間は2週間)も可能です。いずれかをお選びください。
【オンライン対応】オンラインセミナーとは?オンデマンドセミナーとは?
動作環境と視聴確認はこちら

・オンライン受講またはオンデマンド受講へのお申込みは10月29日(火)12時に締め切りいたします。
・お申込みは先着順で受付いたします。ご利用人数には限りがございますのであらかじめご了承ください。
※お申込み状況によっては上記日程よりも前に受付を締め切る可能性もありますので予めご了承ください。
・オンライン受講へのお申込者には、開催当日の10時までに受講方法の詳細(視聴用webページのURL)をメールにてご案内いたします。弊社からのメールが来ていない場合にはお知らせください。
・オンデマンド受講へのお申込者には、開催日の翌営業日以降に受講方法の詳細(視聴用webページのURL)をメールにてご案内いたします。


★★【労働法学研究会員限定・オンライン無料ご招待】のご案内 ★★ 
労働法学研究会員様に限り、本研究会のオンラインでの受講(会場同時中継のライブ配信を視聴)を無料でご利用いただけるご招待枠をご用意いたします。
※オンデマンド受講(開催後の録画配信)をご利用の場合は、労働法学研究会員様も有料となります。
・オンライン受講・無料ご招待を希望する労働法学研究会員様は、10月18日(金)までにお申し込みください。
※ご招待枠には定員があります。お申込みが招待枠の定員を超えた場合には抽選となります。抽選の結果により「ご利用いただけない会員様」にはメールでご連絡いたします。
※お申込み状況によっては上記日程よりも前に受付を締め切る可能性もありますので予めご了承ください。

講師紹介

山本陽大

労働政策研究・研修機構(JILPT)副主任研究員

山本 陽大(やまもと ようた) 労働政策研究・研修機構副主任研究員

 同志社大学大学院法学研究科博士課程(後期課程)修了。博士(法学)。2012年より現職。
 最近の主な著作に、『ウォッチング労働法〔第4版〕』(有斐閣、2019年)〔共著〕、「有期契約労働者の手当等格差と労働契約法20条違反の成否-ハマキョウレックス事件」平成30年度重要判例解説(2019年)221頁、「第四次産業革命による雇用社会の変化と労働法政策上の課題-ドイツにおける“労働4.0”をめぐる議論から日本は何を学ぶべきか?」JILPT Discussion Paper 18-02(2018年)、『解雇規制を問い直す-金銭解決の制度設計』(有斐閣、2018年)〔共著〕などがある。労働法専攻。

開催概要

会  期 2019年10月30日(水)15:00-17:00 ※受付14:30~
会  場 MAP東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル2F
㈱TKC東京本社  2階 研修室

※東京メトロ有楽町線/東西線/南北線、都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」B4b出口よりすぐ
※JR「飯田橋駅」東口より徒歩5分
参加費  
★会場参加費
労働法学研究会員様は無料。非会員様はお一人様13,200円(税抜12,000円)となります。
※労働法学研究会法人会員様および労働組合会員様は5名様まで無料です。

★オンライン/オンデマンド参加費
お一人様13,200円(税抜12,000円)


※労働法学研究会員様に限り、オンライン受講を無料でご利用いただけるご招待枠があります。詳細は上記のご案内をご確認ください。
※オンデマンド受講をご利用の場合は、労働法学研究会員様も有料となります。
注  意 ・受講方法は「会場受講」「オンライン受講」「オンデマンド受講」の中からいずれかをお選びください。

  • お申し込みの際、ご提供いただく個人情報は厳重に管理し、ご同意なしに第三者に開示、提供いたしません。また、セミナー等のご案内や連絡、訪問等の営業活動に際して利用させていただきます。
  • お申込は先着順に受付いたします。
  • オンライン/オンデマンドへのお申込者には受講方法等の詳細を事前にメールにてご案内いたします(迷惑メールフォルダも含め受信メールの確認をお願いいたします)。
  • 参加費の払い戻しは原則としていたしません。ご都合の悪くなった方は代理参加をお願いします。
  • 会場内での録音、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。

開催一覧に戻る