開催一覧に戻る

セミナー

人事・雇用管理の新戦略と構築課題

開催日
2005年2月23日(水)10:00-16:30

労働開発セミナー
2005年新春フォーラム
人事・雇用管理の新戦略と構築課題
ー賃金改革・高齢者雇用・法改正への対応等ー

従来、毎年新春にあたり、春季労使交渉セミナーとして賃金交渉への情報提供を中心に、経済・景気動向や人事・ 労務にまつわる制度改革の新潮流、労働関連法規の立法動向等を取上げ開催させていただいておりました。  
 しかしながら、春闘の終焉と労働問題を取り巻く社会的・経済的環境の激変、労働者の意識変化の中で、 新しい労使関係と労働問題対応のあるべき姿を求め、最新の戦略的課題と実務対応策構築の為の指針を提供させていただくべく、新たな構想の下、 開催させていただく運びとなりました。 特に賃金改革の流れと対応を迫られる65歳雇用延長への対応や一連の労働法規改正への実務対応について解決策を考えます。
是非この機会にご参加ご検討賜れば幸甚に存じます。

講師紹介

笹島 芳雄

明治学院大学 経済学部教授

伊藤 実

日本労働政策研究・研修機構
統括研究員

中町 誠

弁護士

開催内容

1.労働市場の変化と雇用・賃金改革 10:00ー12:00

1.雇用慣行をめぐる動きー企業と労働者の新しい関係ー

2.雇用をめぐる経済環境の変化と多様な労働形態の拡大

3.再考をせまられる成果主義と賃金制度改革ー実績重視の賃金・評価のあり方

講師:明治学院大学 経済学部教授 笹島 芳雄 氏

 

2.高齢者雇用の基本戦略 13:00ー14:45

1. 高齢者雇用の考え方における「人基準」から「仕事基準」への戦略的発想転換の必要性

2. 仕事の中身と成果を個別に処遇し、年齢神話から脱却、同時に年齢・勤続年数の上昇とともに賃金があがる年功神話からの脱却が不可欠

3. 雇用延長事例に見る高齢者活用の現状ー職種・勤務形態別賃金・ワークシェアリング・派遣・ 関連会社での活用ー

講師:日本労働政策研究・研修機構 統括研究員 伊藤 実 氏

 

3.雇用・労働問題の法改正と実務課題 15:00ー17:00

1.65歳雇用維持義務化と労働条件の変更ー就業規則、労働協約による変更のルールと注意点ー

2.継続雇用制度設計に際しての法的問題点ーこれまでの再雇用制度との調整、生ずる可能性のある不利益へー

3.中高年活性化策と法的問題点ー配転・出向・転籍・業務委託・早期退職優遇・セカンドライフ支援などー

講師:弁護士 中町 誠 氏

開催概要

会  期 2005年1月28日(水)10:00-17:00
会  場 都市センターホテル706会議室
参加費 参加加対象:人事労務・総務等担当者
参加費:会員:45,000円、一般:55,000円
 
※12月31日までにお申込みを頂いた会員企業様は下記価格に
会員様早期割引価格 40,000円
注  意 ※労働法学研究会会員様のみの価格で31日申込分までとなります。
※ 同一団体で3名様以上の参加の場合は更に各1割引になります。
1. 参加申込は先着順に受付、後日確認のお電話のあと聴講券・請求書・会場案内図をお送り致します。
2. 申込後のキャンセルには代理出席をご考慮下さい。
3. 参加費は下記の指定口座にお振込下さい。
みずほ銀行 江戸川橋支店 当座預金 13016
【口座名】 株式会社 労働開発研究会

開催一覧に戻る