開催一覧に戻る

研究会

労働法学研究会ご案内〈関西地区〉

開催日
2005年2月25日(金)14:00-19:00

講師紹介

木村 修二

財団法人関西情報・産業活性化センター iDC事業部担当部長

岩城 穣

弁護士(あべの総合法律事務所)

開催内容

第一部14:00ー15:30

雇用管理における個人情報保護法への対応/講師:木村 修二 氏

個人情報保護法の施行を前に、 雇用管理の観点からこの問題を捉え、厚生労働省より発表されている 「労働者の個人情報保護に関する行動指針」への対応も含め、 実務上の課題における対応策を考えます。人事・労務管理上、 企業として把握しなければならない労働者の個人情報の取り扱いはどうあるべきなのでしょうか。

今回は、人事労務の立場から見た個人情報保護について財団法人関西情報・ 産業活性化センター iDC事業

部担当部長の木村修二 氏に、実務対応上の留意点をお話いただきます。

 

★重点ポイント★

1.整備すべき就業規則や諸規定の内容をどうすべきか。

2.個人データの取り扱いの委託契約に際して留意すべき安全管理措置とはどのようなものか。

 

第二部 15:40ー17:00

判例に見る精神疾患の取り扱いと判断基準/講師:岩城 穣 氏

労働環境の変化や職場の人間関係を原因とする様々なストレスや過重労働を原因とする精神疾患、 その結果としての過労自殺は、ますます大きな社会問題となっており、 主要判例における裁判所の判断の基準を理解し、予防措置を講じておくことは、 労使双方の実務家にとって不可欠となっています。

第二部では、精神疾患にまつわる最近の判例と、裁判所の判断基準について、 過労死弁護団の弁護士 岩城 穣 先生にお話を伺います。

 

★重点ポイント★

1.精神疾患に対する裁判所の考え方と判断基準の変化、 実務対応上の留意点はなにか

2.主要関連判例の概要と判決のポイント

3.トラブルの未然防止へむけての実務課題

開催概要

会  期 2005年2月25日(金)14:00-17:00(質疑応答含む)
会  場 大阪リバーサイドホテル 5階B会議室
大阪市都島区中野町5-12-30
TEL.06-6928-3251
環状線桜ノ宮駅下車(西出口) 徒歩約2分 
桜ノ宮駅「西出口」を出て、北側(右) へ高架下を潜り抜けて頂き100メートル程まっすぐ
歩いて頂くと、右側にリバーサイドホテルがあります。
参加費 会員様は何名様でも無料です。
注  意 懇親会 5階C会議室 17:00~19:00
  • お申し込みの際、ご提供いただく個人情報は厳重に管理し、ご同意なしに第三者に開示、提供いたしません。また、セミナー等のご案内や連絡、訪問等の営業活動に際して利用させていただきます。
  • 会場内での録音、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。
  • 非会員様へは請求書を発行させていただきます。開催日前までのお支払をお願いいたします。
  • 参加費は下記口座にお振込みください。お振込み手数料はお客様にてご負担下さい。
    みずほ銀行 江戸川橋支店 当座預金 13016
    口座名 株式会社労働開発研究会
  • 参加費の払い戻しは原則としていたしません。ご都合の悪くなった方は代理参加をご考慮ください。

開催一覧に戻る