労働法学研究会報 第2707号(2019年12月15日号)

2707_h1_hp

※DLは「労働法学研究会」
会員限定サービスです。
お客様のマスターIDとPWが必要です。

■最新労働法解説

賃金等請求権の時効をめぐる問題と実務上の留意点

ー賃金等請求権の時効見直しの行方と企業の労務リスクへ の影響および対策とはー

弁護士:岸田 鑑彦

  1. 1・起算点をどう考えるか
  2. 2・時効の延長と労務への影響
  3. 3・時効と権利濫用

 

 

連載1 よくわかる!労働判例ポイント解説

育児休業を取得した者に対する昇給の抑制と不利益取扱いの禁止
学校法人近畿大学(講師・昇給等)事件 榊原 嘉明

連載2 現代組織の人間関係 職場のさざなみ

禁煙対策はどこまでやれる 金子雅臣

連載3 「事例」で考える労働法

パワハラ指針素案を考える 北岡大介

連載4 東京の労働事情取材記

風俗業で生きていく 増田 明利

紹介『オリンピックの終わりの始まり

一覧に戻る