労働法学研究会報 第2693号(2019年5月15日号)

2693_hp

内容を全て見る※会員限定

※DLは「労働法学研究会」
会員限定サービスです。
専用ID/PWが必要です。

■最新労働法解説

労働側からみた働き方改革関連法施行における留意点

―働き方改革関連法が職場や労働組合に与える影響と今後の課題とは―

弁護士 佐々木 亮

  1. 1・労働組合は36協定を見つめ直そう
  2. 2・流布される「年休対策」のリスク
  3. 3・派遣分野の同一労働同一賃金は整備が不十分

 

 

連載1 よくわかる!労働判例ポイント解説

休職制度・病気休暇制度と労契法20条
日本郵便(新東京・雇止め)事件 原 俊之

連載2 現代組織の人間関係 職場のさざなみ

若年退職事情と価値観の変容 金子雅臣

連載3 「事例」で考える労働法

労働者の心身の状態に関する情報取扱規程について 北岡大介

連載4 東京の労働事情取材記

地方記者の社外活動 諸喜田誠

連載5 春夫と秋子の労働問答

社員が無断欠勤どうする 須田美貴

紹介『沖縄の米軍基地を「本土」で引き取る!―市民からの提案

一覧に戻る