季刊労働法98号(1975/冬季)

qll_098
特集:労災責任と予防の法律問題

価格 2,420円(税込) 数量

目次

■私の視点

民主主義の試金石

スト権

東京大学教授 氏原 正治郎

 

■労災責任と予防の法律問題

労働災害における民事責任の法理

明治大学教授 松岡 三郎

 

拡大化する労災認定の動向と限界

東洋大学助教授 水野 勝

 

労働災害と刑事責任

同志社大学教授 大谷 実

 

災害防止への安全衛生法の役割

労働省安全課長 野原 石松

 

労災裁判にみる賠償額の実情

弁護士 大竹 秀達

 

職業病の心因論を批判する

杏林大学助教授 上畑 鉄之丞

 

心因説をどう考えるか

精神医学の立場から

東京大学分院神経科医長 平井 富雄

 

■考えること&思うこと

羅針盤のない船

造船重機労連委員長 柳沢 錬造

 

■特別座談会

職場の安全確保と労働組合

労災・職業病防止闘争のあり方

日本女子大学教授 佐藤 進

紙パ労連調査部長 庄司 博一

全国労災職業病対策実行委員会事務局次長 辻川 寿之

新聞労連書記 宮野 伸介

化学同盟組織部長 吉原 節夫

 

■労使関係ジャーナル

ストライキ闘争と労働運動

労働評論家 村上 寛治

 

■同情ストの理論と労働基本権

争議権における連帯性の要因

東京地裁炭労同情スト事件判決について

東京都立大学総長 沼田 稲次郎

 

「同情ストライキ」と団体交渉

「同情スト」判決について

東京大学教授 戸塚 秀夫

 

■判例研究

取引自由の概念と不当労働行為の関係

日本メール・オーダー事件 東京高裁 昭和50・5・28判決

佐賀大学教授 石橋 主税

 

違法なビラ貼りに対する損害賠償責任の帰属

動労甲府支部ビラ貼り事件 東京地裁 昭和50・7・15判決

愛媛大学教授 木村 五郎

 

■特別座談会

官公労働者のストライキ権 労使関係改善への道

法政大学教授 青木 宗也

同盟顧問 重枝 琢己

国労書記長 富塚 三夫

日教組委員長 槇枝 元文

 

■特別座談会(紙上参加)

自治体労働者とストライキ権

自治労中央執行委員長 丸山 康雄

 

■考えること&思うこと

「保護」と「平等」

前労働省婦人少年局長 高橋 展子

 

■現代アメリカ労働経済学の潮流 4

雇用慣行と雇用行動の理論

慶応義塾大学助教授 島田 晴雄

 

■研究動向 労使関係論 3

雇用調整・雇用保障と労使関係

法政大学助教授 萩原 進

 

■賃金と労働の行動科学 11 講座

「労働移動」研究へのライフスタイルアプローチ

慶応義塾大学教授 井関 利明

 

■労度法実務相談

教育労働における休憩時間のとり方

茨城大学教授 山本 吉人

 

守衛業務の勤務形態と「明け休」の解釈

亜細亜大学教授 野沢 浩

 

労使が合意した配転と組合員の拒否

早稲田大学教授 竹下 英男

 

出向解除後の身分関係について

青山学院大学教授 本田 尊正

 

新刊の窓

関西学院大学教授 大前 朔郎

 

■労働判例ダイジェスト

ビラ撤去と不当労働行為

商大自動車教習所事件

 

ビラ貼りと損害賠償

国鉄甲府事件

 

組合事務所の返還請求

ラジオ関東事件

 

偽装解散と法人格否認の法理

船井電機事件

 

私事欠勤カットとストカットの範囲、ストと賞与からのカット

日本トムソン事件

 

現業公務員の政治活動と刑罰

豊橋郵便局事件

 

配転と夫婦別居

東洋電機事件

 

競業避止義務と退職金支給条件

三晃社事件

 

ビラ、組合旗の撤去と不当労働行為

ニチモウ事件

 

人員整理の正当性基準

天間製紙事件

 

男女差別停年制の効力

伊豆シャボテン公園事件

価格 2,420円(税込) 数量

一覧に戻る