季刊労働法204号(2004/春季)

特集:女性労働の現在と展望

男女雇用平等法理の到達点と課題、コース別雇用管理制度と兼松事件東京地裁判決、同一価値労働同一賃金、ポジティブ・アクション、多様な働き方が根付くためには

価格 2,420円(税込) 数量

目次

特集:女性労働の現在と展望

・ 山田省三 中央大学教授

男女雇用平等法理の到達点と課題

・ 井上幸夫 弁護士

コース別雇用管理制度と兼松事件東京地裁判決

・ 堀内光子 国際労働機関・駐日代表

同一価値労働同一賃金

・ 神尾真知子 尚美学園大学教授

ポジティブ・アクション

・ 武石恵美子 東京大学社会科学研究所助教授

多様な働き方が根付くためには

 

● 研究論文

・ 安西愈 弁護士

改正労働者派遣法

・ 古川景一 弁護士・川口美貴静岡大学教授

労働契約終了法理の再構成

・ 幡野利通 筑波大学大学院博士課程

英国の管理職等徒業員の労働時間規制

 

● 判例解決説

・ 東島日出夫 中央大学大学院博士課程

関西医科大学研修医事件

 

● 筑波大判例研究会

・ 吉田哲郎 明治安田生命保険相互会社

野村證券事件

 

● 連載

・ 蓼沼謙一 一橋大学名誉教授

戦後労働法学の思い出(29)

 

● 連載・新企画

・ 濱口桂一郎 東京大学大学院客員教授

労働の立法学(1)

価格 2,420円(税込) 数量

一覧に戻る