季刊労働法2号(1951/冬季)

qll_002
特集: 

価格 2,376円(税込) 数量

※送料が200円かかります。年間購読または、4,000円以上まとめてご購入の場合は送料がサービスになります。

目次

戰後日本における労働立法の精神と労働法改正の基本的性格

法政大學助教授 上杉 捨彦

 

公共企業の労働関係と爭議権

法博 慶応大学教授 峯村 光郎

 

■座談会

解雇の自由と労働者の生存権 労働基準法の諸問題をめぐって

法政大学講師 沼田 稻次郎

早稻田大学教授 野村 平爾

名古屋大学教授 山中 康雄

明治大学教授 松岡 三郎

和歌山大学教授 後藤 清

東京大学教授 有泉 亨

九州大学教授 菊池 勇夫

名古屋大学助教授 三宅 正男

 

労働法統一の論理

一橋大学教授 吾妻 光俊

 

■判例研究

下級審裁判所における刑事労働事件の判例概觀

最高裁判所調査官室、東京地方裁判所判事補 岡 成人

 

最高裁制所における刑事労働事件判例の概觀

最高裁判所調査官 谷口 正孝

 

末弘先生の想ひ出

東京大学教授 有泉 亨

 

末弘先生と都労委

前都労委事務局長、慶応大学講師 川田 壽

 

秋の労働法学会を覗く

法律評論家 木村 幹二

 

■判例批評

国鉄交渉単位に関する東京地裁の判決に寄せて

明治大学教授 松岡 三郎

 

爭議中の労働者の言動の限界並に爭議行為の正当性の限界

特殊齒輪業務妨害事件

立命館大学助教授 西村 幸雄

 

爭議中の労働者の言動の限界並に爭議行為の正当性の限界

特殊齒輪業務妨害事件

京都人文学園講師 乙川 文雄

 

生産管理を中心とする一連の爭議行為

理研小千谷工場爭議行為事件

京都大学助教授 宮内 裕

 

ストライキによる欠勤と昇給資格 三池染料不当労働行為事件

九州大学助教授 林 廸広

 

■時評

労働法規改正案にあらわれた講和後における日本労働政策の構想

東京大学社会科学研究所員 藤田 若雄

 

労働組合の法意識について 労働組合は如何に労働法を解釈すべきか

弁護士 萩沢 公彦

 

労働法と対決する労働運動 最近の臨時工、工場閉鎖問題と関連して

内外労働研究主筆 坂田 青史

価格 2,376円(税込) 数量

※送料が200円かかります。年間購読または、4,000円以上まとめてご購入の場合は送料がサービスになります。

一覧に戻る