季刊労働法7号(1953/春季)

特集:労働協約

価格 2,420円(税込) 数量

目次

講和後の労働法の立法と運営原理の展開

炭労・電産ストに関連して

明治大学教授 松岡 三郎

 

労働契約の本質 労働契約をして、民法の雇傭契約と本質的に異ならしめるものの探求

名古屋大学教授 山中 康雄

 

■協約特集

労働協約の統一化

日経連の労働協約基準案をめぐつて

一橋大学教授 吾妻 光俊

 

日経連「労働協約基準案」批判

東京大学講師 藤田 若雄

 

労働協約締結上の間題点

統一労働協約と日経連基準案をめぐって

労働省法規課 石黒 拓爾

 

■外国法研究

罷業における過失と勞働契約の終了

フランスにおける問題の一面 外国法研究

東北大学教授 石崎 政一郎

 

フランス新憲法上における爭議権

読売新聞欧米部 服部 親行

 

■判例研究

他企業における組合結成援助と不当勞働行為

斎藤鉄工所仮処分事件

熊本大学講師 荒木 誠之

 

団体交渉・団体行動に関する最高裁判旨の批評

小樽自由労組事件

名古屋大学教授 山中 康雄

 

就業規則中の協議約款に違反する同規則改正の効力

経営権と就業規則変更権

全日本造船玉野分会事件

金沢大学講師 品川 登

 

賃金鬪爭をめぐる諸問題

秋季闘争から春季闘爭へ

専修大学助手 高坂 正敬

 

労働爭議の戦後的性格

とくに「独立」下の労使関係にふれて

通信大学教授 天澤 不二郎

価格 2,420円(税込) 数量

一覧に戻る