季刊労働法77号(1970/秋季)

特集:労働組合の組織原理と課題

価格 2,420円(税込) 数量

目次

■労働組合の組織原理と課題

「労働組合論」からの脱皮

東京大学名誉教授 大河内 一男

 

公害と労働組合運動

早稲田大学教授 野村 平爾

 

労働組合の統制権

その根拠についての一考察

中央大学教授 横井 芳弘

 

組織“分裂”と組合財産の帰属

東京都立大学助教授 籾井 常喜

 

組合民主主義と官僚制

イギリス労働組合の場合

立教大学教授 内藤 則邦

 

「労働戦線統一」論争の吟味

労働組合と労働者政党

東京大学助教授 中西 洋

 

戦後日本における労働者意識の変遷

中央大学専任講師 石川 晃弘

 

■労働契約をめぐる法律問題

労働契約の概念

福岡大学教授 後藤 清

 

採用内定、試用期間

東京高裁判事 西川 美数

 

契約の変更

配転、転勤、出向

東洋大学教授 門田 信男

 

契約の無効・取消

弁護士 山本 博

 

解雇制限・予告

青山学院大学教授 本田 尊正

 

■判例研究

不当労働行為、思想信条、経歴詐称等に基く解雇と合理的理由及び仮処分の必要性

東京科学事件 東京地裁 昭44・7・15決

熊本商科大学教授 菊谷 達彌

 

職場における組合活動の権利

三菱重工長崎造船事件 長崎地労委 昭45・3・10(41・不13)

早稲田大学助教授 竹下 英男

 

ビラ貼りと軽犯罪法

愛知原水協ビラ貼り事件 最高裁大法廷 45・6・17判

中央大学助手 角田 邦重

 

■討論・判例研究

業務上災害と損害賠償責任

常石造船事件を中心に

常石造船事件・横浜地裁(昭45・4・24判)

明治大学教授 松岡 三郎

立命館大学教授 三島 宗彦

弁護士 馬場 東作

 

■労働政策とわたし

[ひとつの回想(1)]

「実践」の場へのかかわりあい

戦後の回想をはじめるにあたって

一橋大学名誉教授 山中 篤太郎

 

■書評労働調査論研究会編『戦後日本の労働調査』

集大成された労働調査の方法と成果

東京大学教授 松島 静雄

 

■用語解説

警察職員の団結権

 

ビラはり判決

静岡大 平野

 

■戦後労働協約の足跡と現在の課題(3)

東京都立大学教授 沼田 稲次郎

 

教科書裁判と教師の“教育の自由”

第一審判決の内容紹介を中心として

立正大学教授 永井 憲一

 

■戦後単産史14

全逓信労働組合

労働評論家 上妻 美章

 

■法律相談

休憩時間利用の原則

法政大学教授 青木 宗也

 

■労働判例ダイジェスト

支配介入の成否と結果の発生、課長の言論

井笠鉄道救済命令取消事件

 

組合掲示板の利用関係

荏原実業事件

 

労働協約による女子若年停年制

東急機関工業事件

 

共働きと組合活動家の転勤

日本生命事件

 

緊急命令違反の範囲

大阪証券取引所事件

 

不当労働行為と解雇、経歴詐称、懲戒解雇の意義

東京科学事件

 

公務員の争議と責任

鶴岡市事件

 

労組法17条の効力

桂川精螺製作所事件

 

退職金債権と破産法

江戸川製作所控訴事件

価格 2,420円(税込) 数量

一覧に戻る