労働と経済 第1653号

労働と経済
第1653号(2020.8.25)

基地労働者から見た、日本の『戦後』と『災後』と『今後』
基地労働とコロナ拡大問題

岩手大学准教授 河合 塁

価格 年間購読のみ:39,600円(36,000円+税) ※送料無料
お申込みフォーム(年間購読)

目次

2020年春闘の総括と今後(後編)

「新型コロナ」の感染拡大で休戦状態となった春闘

日本賃金研究センター・特任研究員 居樹 伸雄

基地労働者から見た、日本の『戦後』と『災後』と『今後』

基地労働とコロナ拡大問題

岩手大学准教授 河合 塁

労働ニュースウォッチ

経済成長率も失業率も長期停滞の見込み

礼場 由仁夫

TODAY’S trend

2020年闘争を振り返る

金属労協政策企画局長 浅井茂利

レーダー・サイト

在宅勤務とジョブ型雇用の問題 コロナ後へ働くルールの確立を

労働ジャーナリスト 鹿田勝一

人材マネジメントと働きがい

専門・プロ人材に対する魅力づけ施策、動機づけ策

現代人材マネジメント研究所 代表 谷田部光一

現代労働時評

世界的な感染拡大が続く「新型コロナ」
見えてきた課題とこれからの対処法

ビバ・WL・バランス

論説

賃金とは何か、その機能とは何か ―「賃金」と「労働の対価」の間をゆれて

ULフォーラム事務局長 鍋田 周一

働く社会あれこれ

社員と会社一体で残業削減
減った収入は報奨金で還元

労働ジャーナリスト 穂積富士夫

フィーリングNOW

研究会の思い出の風景から
~今も「侃々諤々の議論」を経て~

東北福祉大学教授 園田洋一

執行委員:実務ノート

アテにしてるモノ
~退職金~

三浦房市

現代労働問題の焦点

日本の賃金事情:賃金関連制度の特色⑧
福利厚生と企業福祉・社会福祉Ⅰ

21世紀の賃金像研究プロジェクト

職場の人間学

世紀末の課外授業

白石三太郎

資料

■ 令和元年度個別労働紛争解決制度の施行状況・厚生労働省

一覧に戻る