労働と経済 第1652号

労働と経済
第1652号(2020.7.25)

基地労働者から見た、日本の『戦後』と『災後』と『今後』
「軍」とその憲法的規律の展開

沖縄大学准教授 岩垣 真人

価格 年間購読のみ:39,600円(36,000円+税) ※送料無料
お申込みフォーム(年間購読)

目次

2020年春闘の総括と今後(前編)

米中貿易摩擦が過熱する中、世界へ広がる新型コロナ

日本賃金研究センター・特任研究員 居樹 伸雄

基地労働者から見た、日本の『戦後』と『災後』と『今後』

「軍」とその憲法的規律の展開

沖縄大学准教授 岩垣 真人

労働ニュースウォッチ

賃金制度の変化を妨げるもの

礼場 由仁夫

TODAY’S trend

金融政策はなぜ 想定どおりとなっていないのか(2)

金属労協政策企画局長 浅井茂利

レーダー・サイト

コロナ禍打開の最賃改定へ 自民内や日弁連、連合で新たな動き

労働ジャーナリスト 鹿田勝一

人材マネジメントと働きがい

「専門・プロ人材」の概念とその人材要件の理念・方向性

現代人材マネジメント研究所 代表 谷田部光一

現代労働時評

「コロナ対策」で第4次産業革命を
国民は新たな生活様式で快適生活へ

ワクワク・ワーク・X

DATA FOCUS

目が離せない失業者数の推移

労働指標研究会

働く社会あれこれ

委員会が働き方改革推進
社員が参画し意欲高まる

労働ジャーナリスト 穂積富士夫

フィーリングNOW

制約された日常生活の中での情報取得と可能性
~学生たちの言葉と様子に気づけば~

東北福祉大学教授 園田洋一

執行委員:実務ノート

HOW TO UNION
~労働組合の魅力づくり~

三浦房市

春闘の特色と課題

2020年春闘の特色と課題(その3)
~いくつかの論考に見る20春闘のポイントと課題~

日本賃金研究センター・特任研究員 居樹 伸雄

職場の人間学

もう一人の自分との会話

白石三太郎

資料

■ 令和元年(2019年)労使コミュニケーション調査の概況・厚生労働省

一覧に戻る