労働判例ジャーナル58号(2017年・1月)

jlc58_hp

■注目判例

うつ病罹患者の自殺とパワハラに起因する労災

国・仙台労基署長(佐川急便)事件
仙台地裁(平成28年10月27日)判決

■ポイント

 本件は,運送会社(本件会社)に勤務する従業員(本件従業員)がうつ病に罹患し,自殺したこと(本件自殺)について,このうつ病が上司のパワーハラスメント(パワハラ)に起因し,その結果として本件従業員が自殺に至ったと言えるかが争点となった事案である。
 本件判決は,業務の過重性および日常の上司による叱責については労基署長と同様の判断であったが,上司が本件従業員に対してエアガンを撃ったり,唾を吐きかけたりしたという事実を認めた。しかも,本件では,本件従業員が職場での追い詰められた状況から離脱するために,退職の意向を話したところ,上司からは残っている仕事を片付けてからにするよう指示され,本件従業員がうつ病になったことを上司に話しても,「そんなの関係ない,迷惑かけられて大変だった。」という対応であったことも認定された。この結果,本判決は,労基署長と異なり,本件自殺を労災と判断したものである。
 従業員の自殺が労災に当たるかは,これまでは,過労自殺と言われるように長時間労働によるうつ病の発症に起因する事案が注目されてきたが,本件のような上司による常軌を逸したパワハラによっても,従業員が自殺に至ることを示した事例という意味で注目に値すると言えよう。

年会費:25,920円(24,000円+税・送料込) ※労働判例ジャーナルは労働法EX+をご契約の方に毎月発行される月刊誌です

お申込みフォーム(年間購読)

目次

【注目判例】

◆ うつ病罹患者の自殺とパワハラに起因する労災

国・仙台労基署長(佐川急便)事件

仙台地裁(平成28年10月27日)判決

◆ 心因性抑うつ状態発症の業務起因性

国・向島労基署長事件

東京地裁(平成28年10月31日)判決

◆ ゲームソフト開発管理者の差額賃金等支払請求

麻雀ネットワークサービス事件

東京地裁(平成28年10月28日)判決

◆ 指揮監督下における労働契約の成立と賃金等請求

エコファースト事件

東京地裁(平成28年10月28日)判決

◆ フランチャイズ契約店長の時間外割増賃金等支払請求

エビス企画事件

東京地裁(平成28年10月26日)判決

◆ 亡郵便局員の致死性不整脈突発死に基づく損害賠償等請求

日本郵便事件

福岡高裁(平成28年10月25日)判決

◆ 日本赤十字社元従業員のうつ病発症の業務起因性

国・三鷹労基署長(うつ病発症)事件

札幌地裁(平成28年10月25日)判決

◆ 精神障害発症に基づく療養補償給付不支給処分取消等請求

国・労働保険審査会・渋谷労基署長(精神障害発症)事件

東京地裁(平成28年10月17日)判決

◆ 不良な言動・偽装請負申告等に基づく解雇無効地位確認等請求

日立コンサルティング事件

東京地裁(平成28年10月7日)判決

◆ 美容師の労働契約に基づく差額賃金等支払請求

Beste事件

東京地裁(平成28年10月6日)判決

◆ 日本郵便の期間雇用社員の雇止め無効地位確認等請求

日本郵便事件

東京高裁(平成28年10月5日)判決

◆ 完全歩合制の賃金と労働条件の合意の成立

テクノサイエンス事件

大阪地裁(平成28年9月29日)判決

◆ うつ病自殺に基づく遺族補償年金不支給処分取消請求

国・東大阪労基署長(うつ病自殺)事件

大阪地裁(平成28年9月28日)判決

◆ うつ病による休職期間満了に基づく解雇無効地位等確認請求

綜企画設計事件

東京地裁(平成28年9月28日)判決

◆ 調整手当の固定残業手当相当性

あおき事件

東京地裁(平成28年9月27日)判決

◆ 未払基本給,通勤手当及び時間外割増賃金等支払請求

MITダイニング事件

東京地裁(平成28年9月20日)判決

◆ 変形労働時間制の適用と未払割増賃金等支払請求

日本総業事件

東京地裁(平成28年9月16日)判決

◆ 労基法上の労働時間に基づく未払時間外割増賃金等支払請求

武藤事件

東京地裁(平成28年9月16日)判決

一覧に戻る

年会費:25,920円(24,000円+税・送料込) ※労働判例ジャーナルは労働法EX+をご契約の方に毎月発行される月刊誌です

お申込みフォーム(年間購読)