フリーランス受け付け開始 コロナ持続化給付金

 経済産業省は29日、新型コロナウイルス対策の持続化給付金事業で、これまで対象外だった一部のフリーランスなどの個人事業主と、今年1~3月に新規に創業した事業者の申請受け付けを始めた。
 個人事業主に最大100万円、中小企業に最大200万円が支払われる。原則としてオンラインでの申請。パソコンが不慣れな人などに向け、全国の「申請サポート会場」で手続きを助ける。
 フリーランスなど個人事業主のうち、収入を「雑所得」や「給与所得」として確定申告した人は、税務処理上の違いでこれまで給付の対象外だった。
 新規に創業した事業者への給付は、創業した月から3月までの平均収入と比べ、4月以降のいずれかの月の収入が50%以上減少していることが要件。収入額は税理士による証明が必要となる。
 給付までの期間は、申請から2週間程度としている現在よりも時間がかかる見通しだ。確認書類が増えていることなどが原因という。

 
提供:共同通信社

(2020年6月29日)

一覧へ戻る